全ての顛末[WH攻防戦] その3 - FreedomUnion日誌

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

FreedomUnion日誌

EVEONLINEで活動するFreedomUnionの 社長の 活動日誌です。(不定期更新)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

全ての顛末[WH攻防戦] その3 

WH攻防戦 2日目
連合グループの中で、中核をなすCORPのCEOとやっと連絡がつく。
実に援軍の要請が発せられてから、1日が過ぎようとしていた。
(リアルが忙しかったということで、平日ということもありこればかりは仕方ない)

防衛POSの被害状況・第1日目の作戦・トラブルの発生・艦隊の被害状況・残存艦隊の状況・敵性艦隊情報を説明し、指揮権の委譲を行う。

防衛側から情報を集めていたところ、驚きの情報が入る。
「中継WHは敵性が保有するWHです、ですが昼の12時には崩壊するはずです。穴が。」
なってこった。だが、午前中にさすがに動くことは無いだろう。
PVPコープだけど、WHも保有してるのか。と思いつつ、修理を続けた。

仕事をしつつ、昼間の敵艦隊が現れない時間に、友軍と一緒に施設の修理を行う。
朝から昼過ぎまで(半分放置で)修理したが2-3のECM施設しか修理できなかった。

途中、敵性が頻繁に防衛POSに現れるようになり、FCより修理中止の指示がでたので、ログアウトし夜を待った。

2日目の作戦は、午後3時以降に連絡が各社に回り「POSの防衛と敵艦隊の迎撃」が目標となった。
highsec側で第2陣突入部隊を22時に集合させる事が決定し、その調整および受け入れ準備が始まっていた。

メンテがあけると同時に、スカウトが防衛POSより飛び立っていった。

「メインWHと中継WHを接続する穴にバブルが大量に設置され通行が困難」

の情報が入る。
これにより、high穴の特定が不可との事。
外部より増援の受け入れが出来ないとの事態になった。
(opsならバブルなんて簡単に突破できるし、穴の特定・highの接続地点もも余裕で確認できるという意見はあるとおもうが、残念ながら私は乗っていなかった)

2日目は各社に召集が掛けられ、フリートの参加艦数は、80隻を越えていた。
High側の召集地では、40隻を越える艦が集まっていたのではなかろうか。
ただこれらの艦隊は、highへの接続穴が分からない為、結果的に22時から24時まで待機するしかなかったという状況が発生してしまう。

22時を過ぎる頃、(記憶が定かではないが)敵艦隊のPOSへの攻撃が再開される。
想定する迎撃レンジは20kmとのことで、スカウトが位置取りを必死で行うも、
敵性艦隊は、軸あわせを行い、速度を一定に保ちつつ、防衛設備を1つ破壊しては撤収。を繰り返す為、
防衛本隊の突入タイミングが取れず、効果的な迎撃を行うことが出来なかった。

また、主要なタックラー等が不足し、期待できるのはインターディクター1隻のみというのも、問題だった。
結果、24時頃までタイミングをとりつつも、接近できたのは1回のみの40km程度で、それも大方の予想通り、
こちらのワープを察知すると同時に、ワープアウトで離脱され空振りに終わった。

事実上、内部の戦力では手の打ち様が無かった。

ここで、2日目の作戦解散の通達があり、POS防衛部隊及び、high側増援部隊についても解散連絡が行われた。

WH攻防戦2日目が終わった。

[続く]


Posted on 2013/05/26 Sun. 12:59 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

26

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://freedomunion2012.blog.fc2.com/tb.php/21-0b6c7e96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。