全ての顛末[WH攻防戦] - FreedomUnion日誌

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

FreedomUnion日誌

EVEONLINEで活動するFreedomUnionの 社長の 活動日誌です。(不定期更新)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

全ての顛末[WH攻防戦] 

まず初めに言っておこうと思う。
初日の援軍召集を全社に通達したのは私です。
初日の援軍派遣を決定したのも私です。
Fitについての的確な指示を出さなかったのも私だし、
穴の質量崩壊を読めなかったのも私の責任です。

だから、初めに今回の作戦に参加してくれた全員に謝罪を、
そして感謝を述べたいと思う。

申し訳なかった。そして、ありがとう。

ここにこの記事を書くのは、全ての真実を伝え、私のミスを全員に
謝罪したいからです。

ご意見のある方は、もちろんゲーム内でもご連絡下さい。
ですが、今回の件を反省し、現在2週間のログイン謹慎中ですので、
こちらのblogへのご意見にもご返信させて頂きます。

----------------------------
(ここからは私の記憶に基づいて記述させてもらいます)
なお、この記事がいつまでも掲載できるとは限らない。
他社からの要請があった場合には、即削除すると思ってもらいたい。
秘匿事項に関わる内容を除き、あったことを正直に話すつもりです。
----------------------------

事の発端は、一通のメールからだった。

「WHに敵性POSが建造中、援軍を求む」
おおかたこんなメールを見たのは、確か仕事の休憩でEVEにinした昼頃だったと思う。

聞いたところ、相手はあの「ONI INDUSTRY」、個人的には、ONIならあってもおかしく
ないだろうな。(面白半分で)と思っていた。

----------------------------

この時点で、私は去年にあったSHFワームホール攻防戦を思い出していた。
FDUCは、SHFのWHに間借りして、WH生活を楽しんでいた。

1年半程度が経った頃、朝方たまたまWHにログインした所、
オラクル20-25隻とロジからなる混合艦隊がPOSを攻撃していた。

そりゃあ驚いた。今まで攻め込まれたことはあっても、
DNやCVでPOSを折って撃退していたし(主にSHFの力を借りてだが)、
会社のPOSにはこれでもかというぐらいの武装を施していた為、
まさか攻撃されるなんて夢にも思ってなかったからだ。
(先に入植していたSHFの友人も、今まで1度も攻撃されたことが無いと聞いていた)
だけに、私にとってはただただ驚きでしかなかった。

WHへ入植している他社へ緊急の連絡を即行おうと思ったが、連絡がつかず、
連絡がついたのは数時間後で、そのときに当社のPOSはリーンフォースに入ってしまった。

敵艦隊は、WHの他社が保有するコアPOS(一番重要なPOS)にも攻撃を始め、
我々はただPOSの武装をオンラインにし続けることしかできなかった。

同時に他社への援軍要請を行ってみたものの、C2でありながら、high穴にはバブルが張り巡らされ、
敵軍の監視(艦種までは覚えていない)もおり、外部の穴の特定が全く出来なかった。

結果、SHFのWH体制として主要なメンバーを欠いたまま、援軍を呼ぶことも不可能だと判断し、
各社へ援軍要請の撤回とFDUCはWH施設と全ての資産の放棄を宣言した。

これにより、会社資産および個人資産を含め、総額20billion近い被害を出し、WH事業から撤退したのである。

我々が得た教訓は、自らで領地(WH)を守る力が無ければ、そこに住んではいけないという結論だった。
ともに、新しい方向性を見出すべく、活動がほとんど行われていないSHFを離脱したのだった。

----------------------------

SHF攻防戦を思い返すに、WHでの戦闘において一度WH内でのアドバンテージを取られてしまうと、
手も足も出ない。そう考えていた。

この時点で情報が2つ程追加で入っていた。

敵性はMPOSを建造中で、施設はほとんど無く、防衛施設無し。
輸送艦が物資輸送中。

これを聞き、こう考えた。

MPOSなら数さえ集めれば、短時間でリーンフォースに持ち込めるに違いない。
防衛施設が無い状態であれば、抵抗はほとんど無いと思われる。
(これについては、敵の主力本隊が現れるのを予想しなかったのか?という意見がでそうだが、
はっきり言えば、全く予想していなかった。予想する余裕が無かったというのは言い訳になるかもしれない。)
友軍のPOSを攻略するのであれば、攻略に数日を掛けると予想していた。
(まず前線基地を設置・補給線を封鎖し、翌日に戦力を投入、攻撃してリーンフォース入り、
翌々日にPOS折を行うといった感じに)

この判断から、特にfitも指定せず、艦およびPODは破壊されても良い装備でかつ、DPS重視の艦隊+ロジを召集を行った。(恐らくこれが最初のミスだと思う。)

その時間、寄合連合のCEOは、全社合わせても3名しかおらず、私が他社に話を持ちかけ、当日の攻撃を行う旨、連絡を行った。

FCには、私の信頼できる友人で、かつ私よりもPVP経験が豊富なA氏に個人的に依頼した。

メンテ明け後、highsec接続のsystem名が判明し、各社へ集合場所の連絡を行い、さらに増援数を増やすべく、
連絡がついていない連合各社への調整作業を行っていた。

22時集合で23時突入の予定だったが、自らもロジ艦を用意しsystemに急行させている時に、
第2報と追加情報が入る。

「敵艦隊、POSへの攻撃を開始」
「highsecの接続穴の時間崩壊まで、残り1時間あまり」
「友軍のWHは、C2経由のC4WH」
(これについては、大分昔、そういう話を聞いた記憶があったがすっかり忘れていた。)
「C4までの経路にバブルの展開無し」

この時点で、画像での敵軍の情報が入ったので、それをフリートチャンネルにて通達。
フリートの艦隊数は、すでに60隻を上回っていた。

22時の集合時刻の時点では、現地に到着した艦隊数は25-30隻程度。
現地から届いている敵艦隊の情報画像では、敵艦隊の数は25程度に増えていた。

百戦錬磨のPVPの達人に、素人が同じ数で戦いを挑んで負けるのは予想できたので、
到着が遅れている後続部隊の到着を待つ事にした。

ここまでの中で、WHの接続穴の質量崩壊は大丈夫か?と2回ほど確認したが、
「質量よりも時間がやばい」との回答があり、艦隊の編成と増援の調整に全力を注いだ。
(これが2つ目のミスだった。C2穴はSHF所属のWHに住んでいて腐るほど通って、
崩壊質量も十分に予想できる穴だったのに、BSを含む60隻の大艦隊がC2穴(B274)
を通過できる質量があるはずが無かった。返答を鵜呑みにせず、WHのチェックを怠ったのは、
ミスであると認めざるを得ない)

「大丈夫というんだから、大丈夫なんだろう」の元、艦隊編成が行われていった。

C2-HIGH穴の時間崩壊時刻が迫る中、23時の時点で現地には40隻程度の戦力が集まっていた。

「もう時間が無い、この穴が崩壊したら、次のhigh接続穴を探知する頃には確実にPOSはリーンフォースになるに違いない。そうなったら手の打ち様が無くなり、POSガンナーとの共同作戦を取るどころか、補給路と突入路を塞がれたら、素人の我々では何も出来なくなる。」

ここで突入を決断し、FCと話し合った結果、23時30分を突入時刻と決定。各員に突入準備を通達した。
突入時刻が迫る中、私は指揮権をFCに委譲し、自分のキャラクターで突入を待った。

時刻は23時30分になろうとしていた。

長くなるので一旦切ります。
[続く]

Posted on 2013/05/26 Sun. 11:49 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

26

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://freedomunion2012.blog.fc2.com/tb.php/19-78893909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。